キシリトールグミ
津山市高野本郷にある歯科医院「あさひ歯科クリニック」の鷲田です。

グミが好きなお子さんがいらっしゃる方も多いかと思いますが、グミは虫歯になりやすいのです(>_<)でも、子供は食べたがる…という方にキシリトールグミはいかがでしょうか?

先日、キシリトールグミを購入してみました★


どちらも、キシリトール100パーセント使用で虫歯の原因となる糖類は使われていません。キシリトールは、虫歯の原因となる酸を出しません。また、よく噛んで唾液がよく出るように少し固めに作られています。
味はどちらも、美味しかったですよ(*’▽’)

キシリトールのガムやグミを購入すると時に気をつけていただきたいのは、キシリトール100パーセントのものでなければ、虫歯になるので、他の甘味料が使われていないかを見てみて下さい。

食品ですので、在庫はおいておりませんので気になった方は注文いたしますので、お声をかけて下さいね♪
| 歯科のこと | 00:27 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
フッ素入りの歯磨き粉で虫歯予防

スタッフ香山です。久しぶりのブログ更新です。

 

フッ素が虫歯予防に効果があることは広く知られていますが、この3月に市販される歯みがき用品に含まれるフッ素の濃度の上限が引き上げられました。

 

以前は薬事法で上限1000ppmと定められていましたが、この度の改正により上限値が1500ppmとなりました。それに伴い、歯科用品を販売するメーカーの商品も、歯科医院専売の商品については950ppmだったものが上限値に近い1450ppmと、フッ素高配合のものへと変わってきています。

 

欧米諸国では1000〜1500ppmのものが広く流通しているとのことなので、ようやく日本もそれに追随することとなりました。水道水にフッ素が添加されている国などもありますが、日本ではそのようなことはありません。ですので、普段の歯みがきの際にフッ素入りの歯磨き粉などを使用して虫歯予防をしていくことが大切です。特に、歯茎がやせて歯の根が見えている方や、加齢とともに唾液が減少している方などは虫歯になりやすいので、積極的にフッ素入りのケア用品を日常のお手入れに加えると良いと思います。

 

高濃度配合の商品は濃度の表示が義務づけられるとのことなので、歯磨き粉を購入の際には是非パッケージをチェックしてみてくださいね。また、小児へ使用するものについては、従来どおり1000ppm程度のフッ素濃度のものが推奨されています。

| 歯科のこと | 10:46 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
美白のための歯ブラシ。今なら…(*^^*)
津山市高野本郷にある歯科医院「あさひ歯科クリニック」の鷲田です。


美白のための歯ブラシ「ルシェロw-10」をご紹介します(*^^*)

歯にやさしく、効率的にステインを落として、白い歯にしてくれる歯ブラシです。その特徴は毛の形です!全ての面がひし形毛になっています。毛が平面なので、接触面積が大きいため、効率よくとることができるそうです。

歯ブラシの柄はパールホワイトと、パールゴールドで綺麗ですよ。


以前にご紹介した、歯を白くする効果のある歯磨き粉「ルシェロ歯磨きペーストホワイト」と組み合わせ使って頂くと、美白効果がより、高まるそうです。

今、この歯ブラシと歯磨き粉をセットで販売しています。セットで購入される場合、単体で買うよりもかなりお得になっています(*^^*)数に限りがありますので、気になる方はお早めにお声をかけて下さいね!


私は、買いました♪
| 歯科のこと | 13:08 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
6つのフレーバーフロス「フロッシー」
津山市高野本郷にある歯科医院「あさひ歯科クリニック」の鷲田です。

子供さんの歯磨きを歯ブラシでするだけでも大変なのに、フロスまでできないなぁと思われている方におすすめなのが、我が家の子供たちが最近喜んで使っている「フロッシー」です♪



歯科材料屋さんが持ってきて下さった広告を見て、6種類ってどんな味かな?子供が喜びそうだなぁ!と購入してみました。

バナナ、オレンジ、イチゴ、ブドウ、りんご、マンゴーの6種類です。

子供たちは色々選ぶのが楽しいようで、今日は、イチゴー!とかバナナにするー!など自分から持ってきています。

個包装パックになっているので、衛生的で持ち運びしやすいですよ!

柄がついたタイプのフロスなので、初めての方でも使いやすいと思います。
 

注文にはなりますが、当院で取り扱っていますので、気になる方はお声をかけてくださいね(*^^*)

| 歯科のこと | 05:39 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
フッ素で自由研究
津山市高野本郷にある歯科医院あさひ歯科クリニックの鷲田です。

夏休みも後半に入りますが、学生の皆さんは宿題終わりましたか?

夏休みの宿題の自由研究が終わった子も、終わってない子も楽しんで歯に興味を持ってもらえたらいいなぁーと調べて実験してみました♪

歯磨き粉に含まれるフッ素の虫歯予防効果の実験です。 卵の殻は歯のカルシウムと同じような成分でできています。お酢に入れるとカルシウムが酸に溶け出すのですが、フッ素配合の歯磨き粉をつけるとどうなるかな?という実験です。

準備するものは、こちら。

卵、フッ素配合の歯磨き粉(フッ化ナトリウム950ppm)、歯ブラシ、卵が入る容器、油性ペン、写真に入ってませんがお酢(酸度4.2%)です。

卵の殻に油性ペンで線を引いて、歯磨き粉をつける部分とつけ内部がわかるようにします。

実験していると、息子が何してるのー?と来たので、手伝ってもらいました。

鼻が丸いから、アンパンマンかな?(^-^)

絵が書いてある方が、歯磨き粉なしにしました。

これを、容器にいれて、卵が沈むくらい水道水をいれます。

そして、大きめのスプーンにお酢を入れてかき混ぜて卵の殻の様子をみます。

1杯目では変化なし。
6杯ほど入れると!



子供としながらで写真が上手に撮れませんでしたが、卵の殻のから発泡しています。よくみると、歯磨き粉を塗った方が発泡がすくないので、塗ってないものより溶けにくくなっていることがわかります。

実験は、お酢の酸性度やフッ素濃度、卵の硬さなどによってどれくらいお酢を入れるかはかわるようです。

虫歯はどうやってできるか、虫歯は歯がどうなってしまっているのか、フッ素って何だろうなど、調べてみてくださいね(*^-^*)

参考にさせていただいたのは、飯田下伊那歯科医師会さんのブログです。

この実験につかった卵は、このまま捨てるのはもったいないので、もう一つ実験しましたがそれはまた後日書きますねo(^-^)o
| 歯科のこと | 05:14 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
新しい診療チェアが入りました!
津山市高野本郷にある歯科医院「あさひ歯科クリニック」の鷲田です。

当院に新しい診療チェアが入りました(*^^*)



先週工事が行わたのですが、新しいものが入る時はワクワクしますね♪

色は鮮やかやなオレンジ色です。来院された方で、この色を喜んで下さった方もいらっしゃいました。

待合室の入口から突き当りの場所です。

2011年に開業し、皆様に支えて頂きもうすぐ5周年を迎えます。待合室のソファも新しくなったり、心地よく過ごして頂けるように、リニューアルしています。今後もよろしくお願いいたします(^o^)。
| 歯科のこと | 13:41 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
学校歯科検診は何のため?

津山市高野本郷にある歯科医院「あさひ歯科クリニック」の鷲田です。

先日、院長とスタッフが園医である高野保育園に歯科検診に行きました。予約のお電話も、「学校の検診で紙をもらってきたんですけど」とかかってくることが多く、検診の時期だなあと感じます。お子さんがいらっしゃる方は、検診の結果も気になるのではないでしょうか。そもそもこの検診、何のために行われているのでしょうか?

何のためって、それは「虫歯がないか見つけるため!」ですよね。

歯科医院で行う検診は、医学的な立場から虫歯がないかなどを判断するためですが、学校検診は「教育」のためだそうです。
医院で購読している雑誌「歯科衛生 6月号」によると、学校検診は「早期発見、早期治療」の保健管理的な意味合いから、その子が持っている健康課題をみつけてあげて、その課題をもとに保健学習などで1年間学習していく材料としてとらえられるようになってきているそうです。

また、学校検診はふるいにかけるという意味のスクリーニング検査が行われています。そのため、器具など環境が整っていないこともあるので、学校検診で虫歯があると言われたけど、医院で診ると虫歯がなかった!ということもあります。

学校検診の結果は、虫歯があった・なかったということも大切ですが、虫歯がなかった子には、1年間頑張ったねと一緒に喜んだり、治療はまだしなくても要注意だった子や歯に汚れがついていた子は、普段の生活習慣のどういうところを変えたらいいかな?、治療する虫歯がある子は、どうして虫歯になったのかな?いつもの歯磨きより何分くらい長く磨いたらいいかな?と考えたりするきっかけにしてあげたいですね。

学校での学習材料となる一方で、学校ではなかなかカリキュラムをとる時間がないそうです。理想と現実というか、学校検診が目指しているものとの矛盾も感じましたが、そこは学校だけでなく、地域の歯科医院や家庭でも検診結果をその子が自分自身の健康を考えていけるようにサポートすることが大切なのだろうと思いました。

| 歯科のこと | 02:15 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
着色が気になる方へ(ルシェロ歯磨きペーストホワイト)
津山市高野本郷にある歯科医院「あさひ歯科クリニック」の鷲田です。

新年度が始まり早2ヶ月が経ちましたが、環境が変わった方も生活のリズムがつかめて落ち着かれているころでしょうか。
私も、育児休暇を頂いていましたが、5月から復帰させて頂きました。親子で段々と新しい生活に慣れてきています。お休みを頂いている間に、当院で新しくなっているものがあるかなーと見ていると、待合室に新しい歯磨き粉のポスターがありました!

着色が気になる方におすすめの「ルシェロ歯みがきペーストホワイト」です。

実は、育休中ノンカフェインコーヒーやルイボスティーをよく飲んでいたこともあり、下の前歯に着色が着いてしまっていました。
スタッフにこの歯磨き粉のことを聞いてみると、「旦那さんのコーヒーによる着色が3日間で落ちたよ」「磨いた後、歯がツルツルするよ」と好評なようでしたので、さっそく使ってみました。

1日目。(夜だけ使用)
使い方は、歯ブラシに水をつけずに、着色汚れが気になるところから磨くことが大切!とのことだったので、水をつけず前歯から磨きました。着色は主に前歯につくものが気になる方が多いと思います。奥歯から磨くと、唾液で薄まってしまうので前から磨いてくださいね。味は、さっぱりする感じです。着色は、少し薄くなったかもしれないというぐらいでした。

2日目。(朝、夜使用)
夜、磨いた後に鏡を見てビックリ。エクステンション前日より、かなり着色がとれ、思わず主人に見てもらいました。「おぉ!とれてる!」と言われました。また、歯がツルツルして気持ちがよかったです。♪

3日目。(朝、夜使用)
ほぼ、着色がとれていました!鏡をみるのが嬉しくなりました。き

このルシェロホワイトの特徴は、
ー絅▲襯リ性で歯の表面についた着色を落とします。中性のものよりも、弱アルカリ性の方が着色を落としやすいそうです。
∋に優しいLime粒子で汚れを落とします。歯よりキメ細やかな粒子で落としにくい着色を落とします。着色は落とすけれど、歯には優しいというのは嬉しいですね。
L用成分「PEG400」でタバコのヤニを溶解除去します。
ぅ侫蛋杷杞腓巴郢の発生と進行を予防します。

着色がヤニがついているのが気になる方、歯科医院で着色除去した後のキレイさや、ホワイトニングの効果を持続させたい方にオススメです。パッケージも上品なので、プレゼントしても喜ばれそうですよ。はーと

詳しい使い方や値段はスタッフまでお声をかけてください。ニコッ


 
| 歯科のこと | 04:13 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
大人のための歯磨き歌
津山市高野本郷にある歯科医院「あさひ歯科クリニック」の鷲田です。

おすすめしているというわけではなく、面白い取り組みだなぁと感じたものがあったので、ご紹介します。ほっしぃ

フェリシモという通販会社と歯科医師とミュージシャンで開発された、大人のための歯磨き歌というものが発売されるそうです。正しい歯磨きを楽しく6ヶ月で身につくようにするプログラムで、歌や色々なオーラルケアグッズが毎月送られてくるようです。♪
詳しくはこちら→美歯リズムプログラムhttp://www.felissimo.co.jp/program/wk45884/gcd816039/
子供の歯磨き歌は何曲か聴いたことがありますが、大人のための歯磨き歌は初めてかもしれませんね!
このようなプログラムができるということは、楽しく身につけたいなぁと思ってる方が沢山いらっしゃるということで、来院してくださる方が楽しく通っていただけるようにするにはどういうことが必要なのかなぁと考えたりしました。

 
| 歯科のこと | 23:32 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
歯ブラシの交換時期
津山市高野本郷にある歯科医院「あさひ歯科クリニック」の鷲田です。

師走は本当にあっという間に時間が過ぎているように感じる毎日ですがみなさんはいかがでしょうか?
忘年会やクリスマス楽しいイベントも色々ありますね♪年末年始、すっきりした気持ちで迎えるため、この時期に歯ブラシを買われる方も多いのではないでしょうか。

みなさんは、どれくらいの頻度で歯ブラシを交換されていますか?
・毛先が開いてきたときに
・1ヶ月に1回
・半年に1回
・1年に1回

どれに当てはまりますか?

歯ブラシの交換時期は1ヶ月に1回がいいと言われています。

1ヶ月に1回と見て、そんなに頻繁に交換するんだ!?すぐ毛先が開くから、もっと早く交換しているよ!どのようにおもわれたでしょうか。

1ヶ月が交換時期といわれているのは、1ヶ月以上使っていると汚れを落とす力が約4割減ってしまうからです。
新しい歯ブラシに替えたとき、いつもより歯がツルツルしたような感じがする方もいらっしゃるのではないでしょうか。

また、1ヶ月以上使用していると菌が発生しやすくなります。
せっかくキレイにするために磨いているのに、お口の中に菌を運んでいることになるのは嫌ですね。

すぐに毛先が開いて、1ヶ月ももたないよーという方は、磨く力が強すぎるのかもしれません。磨く力が強すぎると、歯茎が傷ついてしまうので気をつけてくださいね。力の強さや、どの歯ブラシがお口にあっているかは、スタッフにご相談くださいね。

キレイな歯ブラシでよい年を迎えてくださいね。

 
| 歯科のこと | 00:06 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

CALENDAR

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>

SPONSORED LINKS

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

ライオン歯科用Check-Up gel 10本 歯磨き粉バナナ 60g 対象:6歳未満の乳幼児 チェックアップ ジェル
ライオン歯科用Check-Up gel 10本 歯磨き粉バナナ 60g 対象:6歳未満の乳幼児 チェックアップ ジェル (JUGEMレビュー »)

子ども用のフッ素入り歯磨き粉。子どもさんが好きな味が揃っていて使いやすいです。

SELECTED ENTRIES

CATEGORIES

ARCHIVES

岡山県の今日のお天気

MOBILE

qrcode

LINKS

PROFILE

SEARCH